予防医療|阿波座とい内科クリニック|阿波座駅の内科・糖尿病内科・内分泌内科

〒550-0012 大阪府大阪市西区立売堀6丁目3-8
06-6978-8573
WEB予約
ヘッダー画像

予防医療

予防医療|阿波座とい内科クリニック|阿波座駅の内科・糖尿病内科・内分泌内科

予防医療について

予防医療とは、病気になってから治療を受けるのではなく、病気にかからないように対策をすることです。そのために最も大事なことは、生活習慣です。がんや糖尿病、脂質異常症、高血圧は生活習慣病と呼ばれるように、生活習慣が大きな原因となっています。普段からバランスのよい食事を意識したり、運動をしたり、健康診断を受けることも、実は予防医療になります。

健康を維持することは、単に病気でない状態を作るだけではなく、日々の暮らしを充実したものにするためにも重要になっています。
当クリニックでは、一人一人のニーズに応じた予防策を提供し、健康で充実した毎日をサポートいたします。

予防の種類

予防医療には、1次予防、2次予防、3次予防の3つの主な段階があります。それぞれの段階は、病気の予防、発見、治療に焦点を当てています。

1次予防
1次予防の目的は、病気が発生するリスクを最小限に抑えることです。これには、予防接種や健康的な生活習慣の促進(バランスの取れた食事、定期的な運動、禁煙、節度あるアルコール摂取)などが含まれます。1次予防は、病気が発生する前に行う対策であり、健康を長期間維持するための最も効果的な手段の一つです。
2次予防
2次予防は、病気が発生している場合にその進行を早期に発見し、適切な治療を通じて病状の悪化を防ぐことを目指します。定期的な健康診断やスクリーニング検査(例:肺がんのレントゲン検査、大腸がんの便潜血検査など)を通じて、早期に問題を特定し対処します。これにより、病気の重症化を防ぎ、治療の成功率を高めることができます。
3次予防
3次予防は、病気や障害が進行した後の患者の状態を管理し、機能の回復を促進し、さらなる健康悪化を防ぐことに焦点を当てています。リハビリテーションプログラムや、慢性疾患のための継続的な管理(例:心臓病や糖尿病の患者のための運動や食事療法)が含まれます。これにより、患者の生活の質(QOL)を向上させ、再発や他の合併症のリスクを最小化します。

これらの予防段階を通じて、病気のリスク管理と健康維持を図ることが、個々の健康だけでなく、公衆衛生の観点からも非常に重要です。
近年では、これらの1〜3次予防に加え、0次予防という考え方も出てきています。これは健康は一人だけでは維持しきれないという考えに基づいています。人の考えや行動は身近な周りの人に影響されやすいので、一人ではなく周りの人と一緒により良い生活習慣を目指せるような環境作りが大切だと考えられています。

ぜひみなさんも、誰かと一緒に健康的な生活習慣を取り入れられるようにしてみてくださいね。

予防接種

1次予防の一つとして、当院では各種予防接種を行っております。
必ずお電話にてご予約をお願い致します。

接種可能なワクチン

インフルエンザ HAワクチン 3,500円(税込)
肺炎球菌 ニューモバックス 9,000円(税込)
プレベナー 12,000円(税込)
帯状疱疹 シングリックス 22,000円(税込)×2回接種
従来型生ワクチン 8,800円(税込)

その他、B型肝炎、子宮頸がんなどのワクチンに関しても承っております。

予防接種を受けられない方、注意が必要な方

  • 発熱(37.5℃以上)ある方
  • 重篤な急性疾患を引き起こしている方
  • ワクチンに含まれる成分(卵や抗生物質、安定剤など)のアレルギーがある方
  • 風疹、麻疹の予防接種を受ける予定で妊娠している方
  • 心臓病、腎臓病、肝臓病、血液の病気などで治療を受けている方
  • 予防接種後2日以内に発熱や発疹、蕁麻疹などアレルギー症状がみられた方
  • 今までにけいれんを起こしたことがある方
  • 過去に免疫不全の診断がなされている方、また近親者に先天性免疫不全の方がいる方

継続的な健康診断

2次予防の一つとして、当院では定期的な健康診断を行っております。
お電話にてお問い合わせください。

個人・事業所入職および定期健診

雇入れ時健康診断(労働安全衛生規則第43条)・定期健康診断(労働安全衛生規則第44条)に対応した項目が含まれております。

費用

8,800円(税込)

検査項目

健康質問 自覚症状・既往歴・業務歴など
身体計測 身長・体重・BMI・腹囲
理学的検査 身体診察
視力検査・聴力検査
血圧測定
尿検査 尿糖・尿蛋白
血液検査 貧血 赤血球数、血色素量
肝機能 AST・ALT・γ-GTP
脂質 中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール
糖代謝 空腹時血糖・HbA1c
胸部レントゲン検査
心電図検査
※胸部レントゲン検査

当院では、「AI機能」を搭載したエックス線検査「X線画像病変検出ソフトウェアCXR-AID(富士フィルム)」を導入しております。肺炎・結核・結節・腫瘤・気胸など「疑わしい部分」を指摘し、医師の診断の手助けをしてくれるシステムです。この「疑わしい部分」を再確認することで、医師とAIによるダブルチェックを行い、従来の検査に比べて見落としを防ぎ、より早期の胸部疾患の発見を可能にします。

特定健康診査(特定健診)

生活習慣病の予防のために、対象者(40歳~74歳)の方にメタボリックシンドロームに着目した健診を行います。

費用

国民健康保険の方 自己負担金:無料
社会保険の方 自己負担金:加入している組合保険により料金が異なります

検査項目

健康質問 服薬歴・喫煙歴
身体計測 身長・体重・BMI・腹囲
理学的検査 身体診察
血圧測定
尿検査 尿糖・尿蛋白
血液検査 肝機能 AST・ALT・γ-GTP
脂質 中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール
糖代謝 空腹時血糖・HbA1c
腎機能 クレアチニン・eGFR・尿酸値
医師の判断に基づき追加する項目
貧血検査 赤血球数・血色素量・ヘマトクリット値
心電図検査
眼底検査 当院では施行できないため、他院に依頼させていただきます

後期高齢者医療健康診査

医療や介護予防のために、対象者(75歳以上)の方に糖尿病や高血圧症等の生活習慣病に加え、加齢に伴う心身の衰え(フレイル)に着目した健診を行います。

費用

自己負担金:無料

検査項目

健康質問 フレイルチェック
身体計測 身長・体重・BMI
理学的検査 身体診察
血圧測定
尿検査 尿糖・尿蛋白
血液検査 肝機能 AST・ALT・γ-GTP
脂質 中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール
糖代謝 空腹時血糖・HbA1c
腎機能検査 クレアチニン・eGFR・尿酸値
医師の判断に基づき追加する項目
貧血検査 赤血球数・血色素量・ヘマトクリット値
心電図検査
眼底検査 当院では施行できないため、他院に依頼させていただきます

大阪市健康診査

生活保護または中国残留邦人支援給付を受給中の方を対象とした健診です。健康管理のために定期的に受診しましょう。

費用

自己負担金 無料

検査内容

問診 個人票による聴取
身体計測 身長・体重・腹囲
理学的検査 視診・聴打診・触診など
血圧測定
尿検査 蛋白・糖
血液検査 HDLコレステロール・LDLコレステロール・中性脂肪など

大阪市がん検診

症状がない時期に繰り返し検査を受けることで、がんを早期にみつけることができます。早期がんは9割以上が体に負担の少ない治療で治せることが多いです。大阪市では職場でがん検診を受ける機会のない方を対象に、大阪市がん検診を実施しています。大阪市がん検診のうち、当院で実施できる項目は下記になります。

大阪市大腸がん検診

対象者

40歳以上

費用

自己負担金:300円

検査内容

大腸がん検診では、大腸からの出血の有無を調べる「免疫便潜血検査」を行います。より正確に調べるため、2日分の便を検査します。
事前にお渡しする採便キットに付属している説明書どおりに便を採ってください。便の表面をこすって採便するだけですので、簡単です。

詳しくは、「大腸がん検診を受けましょう」を参照ください。

大阪市肺がん検診

対象者

40歳以上

費用

自己負担金:無料(喀痰細胞診検査:400円)

検査内容

肺がん検診では、「胸部エックス線検査」を実施します。
※50歳以上でハイリスク者は喀痰細胞診検査も実施します。
詳しくは、「肺がん検診を受けましょう」を参照ください。
当院では、「AI機能」を搭載したエックス線検査「X線画像病変検出ソフトウェアCXR-AID(富士フィルム)」を導入しております。医師とAIによるダブルチェックを行い、従来の検査に比べて見落としを防ぎ、より早期の胸部疾患の発見を可能にします。

大阪市肝炎ウイルス検査

対象者

20歳以上

費用

自己負担金:無料

検査内容

肝炎ウイルスに感染しているかを調べる検査として、B型肝炎ウイルスを調べるHBs抗原検査とC型肝炎ウイルスを調べるHCV抗体検査を実施します。

詳しくは、「肝炎ウイルス検査について」を参照ください。

先天性風しん症候群予防のための風しん抗体検査

対象者

妊娠を希望する女性および、その配偶者・同居者
※昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性の方を除きます。該当の方は「風しんの追加的対策(第5期風しん定期接種・風しん抗体検査)について」のページをご覧ください。

費用

自己負担金:無料

検査内容

風しんウイルスに対する免疫を獲得しているかを調べる検査として、血液検査で風しん抗体検査を実施します。
詳しくは、「風しん抗体検査実施のお知らせ(先天性風しん症候群予防)」を参照ください。

適切な食事運動療法

食事療法
糖尿病において食事療法は治療の根幹となります。炭水化物、たんぱく質、脂質の三大栄養素をバランスよく摂ることや、ビタミン、ミネラルなどを欠かさず摂取することが大切です。具体的には「糖尿病食事療法のための食品交換表」(日本糖尿病学会)という表を利用し栄養バランスの良い食事を摂ります。2型糖尿病の場合、厳格に食事療法を行えばそれだけで血糖コントロールができる可能性があります。医療機関で医師や栄養士から指導を受けたり、講習会に参加したりして、栄養バランスのとれた食事の仕方を覚えるようにしましょう。
運動療法
運動で体内に余分に溜まったエネルギーを消費することで血糖値が下がります。また、インスリン感受性が高まり、血糖コントロールがしやすくなります。運動療法としてはウォーキングや自転車、スイミング、ジョギングなどの有酸素運動を1回20~40分、週に3回実施します。
週末に集中して運動するといった方法よりも、できれば毎日行える運動を選びましょう。